クラウドワークスで月5万円稼ぐには?コツコツ実績を積めば素人のオジサンでも稼げました。

クラウドワークスは、少しでも収入を増やすために40歳で始めました。

冬季は仕事が無くなる業種です。

田舎ですから本当に仕事がないため、収入アップは正に喫緊の課題でした。

今では、5万円ほど稼げています。

最初は「月に5千円でも稼げたらいいかな」くらいの軽い気持ちで始めました。

今では、5万円〜10万円ほど稼げています。

WEBライティングの仕事を中心に受注するつもりでした。

なので他にも、ランサーズや、Shinobiといったサービスを利用しました。

最終的には、クラウドワークス一本に絞ってやっています。

収入がアップした理由は、1本に絞ったこと

浮気しないでクラウドワークスだけで活動したのは、結果的に正解でした。

短期間で実績を積み重ねることができたため、条件の良い案件を取れる機会が増えたのです。

それが、収入アップにつながりました。

仕事はタスクが中心

仕事はタスクが中心です。

クラウドワークスも、他のクラウドソーシングと同じでタスクはひどい低単価ばかりです。

が、高単価案件の数は、一番多いと感じています。

平日であれば、文字単価が0.5円〜1.0円の案件が、10件〜30件ほど出されます。

もしライティングのタスクで稼ぎたいならクラウドワークスはおすすめですよ。

単価が高い案件を取れれば、1日2時間〜4時間の作業で、月に3万円〜5万円は稼げるでしょう。

「タスク」で作業する際に注意すること

クラウドワークスのタスクで、ライティングの仕事をする場合に気を付けて欲しいのは、タスクが非承認になることです。

発注者の判断しだいで仕事が非承認になり、作業全て無駄になります。

非承認の理由が説明されることはありません。

ひどく理不尽に感じることも多く、クラウドワークスが抱える問題のひとつです。

非承認を回避するために心掛けているのは、案件の説明文によく分からないことがあれば見送ることです。

経験上、説明文に理解できない部分があると高確率で非承認になります。

初心者の方が稼ぐためには

初心者の方はとにかく色々な案件を受けてください。

発注者によって合格ラインは違います。

低い単価にもかかわらず承認の条件が厳しい発注者もいれば、高単価で条件が緩い方もいます。

また、相性の問題もあります。

自分の仕事が受け入れられやすい発注者を見つけると、効率良く稼げるようになります。

Post Navigation