女性、現在24歳、以前はイラストの制作会社に勤務していましたが、現在は在宅勤務です。

生後4ヶ月の子供を育てています。

クラウドワークスは、WEB制作会社の仕事形態の一つ

クラウドワークスは、勤務しているイラスト制作会社が行っている仕事形態の一つでした。

そこでは、

  • オフィスに通って時給制で働く
  • 在宅のクラウドワークスで出来高制で働く

のどちらかが選べました。

妊娠で在宅ワークに

最初は、会社に通勤して時給制で働いていたのです。

が、妊娠による悪阻で通勤が困難になりました。

自分のペースで進められる在宅勤務に変更しました。

在宅ではチャットで指示を受ける

上司とはチャット形式でやりとりをしてました。

絵が描けたら随時掲示板にアップロードしてチェックしてもらいます。

その後、赤入れをして返信が来たら修正する。

仕事はこの繰り返しです。

この会社でのクラウドワークス以外に、LANCERSでタスク形式の仕事もしています。

仕事はすき間時間に

仕事をするのは、子供が寝ているときや、子供を預けられたときです。

さっとやる程度なので、一日一時間程度です。

収入にはムラがあります。

絵を一枚仕上げられれば、月に15000円程度の報酬がいただけます。

タスク作業は、月に1000円にも満たないです。

クラウドワークスの一番良いところ

クラウドワークスの一番良いところは、何よりも人間関係の煩わしさから解放されることです。

そのストレスがないので、少し報酬が割安でもあまり気になりません。

あとは、空いた時間を活用できることと、通勤しなくて良いところが利点です。

クラウドワークスのデメリットは収入の低さ

ただし、同じイラスト制作業務をしていても、時給制で働いているときのほうが収入は遥かに高いです。

クラウドワークスで高収入を得たいとなると、作業を早くこなすスキルが不可欠です。

作業をする際は、依頼主と直接会わない分、意思疎通が難しいことが多いです。

なので、不明な点は細かく質問するようにしています。

クラウドワークスは、自分で収入を伸ばせます

クラウドワークスは、作業効率の良さや持っているスキルの高さによって得られる収入が大きく変わってくる勤務形態です。

でも企業で働くよりも、実践的な技術が身に付きます。

将来的にフリーで生計を立てたいと思っている人は、どんどん挑戦すれば良いと思います。


簡単なお仕事が沢山。クラウドワークス

男性39歳自営業です。

現在、時間の合間を見て、クラウドワークスYahoo!クラウドソーシングなどを楽しみに続けています。

クラウドワークスを始めたきっかけ

クラウドワークスを始めた切っ掛けは、ネットの普及により、耳にと言いますか目に入ってくることが多くなったからです。

何のサイトを見たのかは忘れましたが、確かお小遣いがどうのというサイトで見て始めて知りました。

最初は、クラウドソーシングをしていました。

次第に貪欲になっていき、他にも何か良く似たものが在るんじゃないのかと調べました。

そこで、見つけたのがクラウドワークスでした。

クラウドワークスの印象

今、現在ではテレビでも話題になっているクラウドワークス。

その内容は、やはり、働きに出られない方達の支援をされている、というのが強い印象にあると思います。

クラウドワークスは、育児休暇中や、中小企業の円滑なパートナー探しなども含まれたサイトです。

Yahooクラウドソーシングも同じことが言えます。

自分はタスクを中心に作業

私は、主にタスク作業をしています。

作業時間的なことを言うと、メインの仕事の空いた時間などが、ほぼです。

お昼を少々回ってもしています。

自宅に帰ってもしたり、最近では休みの殆どをタスク作業に費やしています。

ですから時間は、バラバラですが出来る範囲で楽しんでさせて頂いています。

クラウドワークスでは月5,000円ほど稼いでいます。

クラウドワークスをしてからは、こちらがメインでしていたり、ソーシングでしたりと日によって異なります。

クラウドワークスメインでしているときは、月に5千円程、稼げます。

今のところは、支払い方法をキャリーオーバーにしているので、現在1万行かないくらいの報酬が溜まっています。

月に50件ほどはこなしてます。

クラウドワークスのタスク案件は、高額なものは内容が難しく中々と出来です。

なので、月にすると50件の案件を行ってるか行ってないかくらいだと思います。

クラウドワークスの良い点

良い点としては、ソーシングにない面白いタスク案件があるので楽しく執筆させて頂いています。

何かの事細かい説明などを書くのは好きなので、そういった案件は大好きでさせて頂いています。

悪い点

悪い点と言うには、少々違うかもしれませんが、教養範囲を超えた案件が多く存在します。

私の知識では出来ないものが結構あるので、もう少し優しいタスク案件があればもっと楽しく出来るかなと思います。

困ったこと

また以前に困ったことで、タスク完了後からクライアント様にタスク内容変更のお知らせが来ました。

それに登録を強要され、しない場合は承認率が変動してしまうと言われたこともありました。

これに対しては、クラウドワークスの運営様が対応して下さり、事なきを得ました。

クラウドワークスでお仕事する注意点

タスクを選ぶ際には、やはり注意書きをしっかりと読むのが大事です。

後で問題が無いかちゃんと見ながら執筆に取り掛かるほうが良いです。

またタスクを選ぶ際にも注意が必要です。

これは、経験を多少積まないと分からないかもしれません。

が、自分のタイピングのレベルと比例した案件を受注しないと時給換算でかなり損することもあります。

250文字の文章作成なら、何分程度で出来るか?などを計算して、報酬と時給が合うか確認するのは必須ですね。

また、1時間で、どのくらいなのか考えて取り組むと良いかもしれません。

本業でやると大変なので息抜き程度で

これからクラウドワークスや、ソーシングなどをされる方達に知っておいて欲しいことです。

本業で生活は無理なので、出来るだけのめり込まずに、自分の息抜きも大切にしてほしいです。

身体の健康を優先して、タスクやその他の仕事をしてください。

稼ぐためには、こまめに覗く。

そして、稼ぐためには、小まめに案件を覗く必要があります。

どんな人が、高額案件者さんか?などを理解して、その方が、どの時間帯、日数などを計算して現れるのか、などを頭に入れておくと、より良くお小遣いを溜めらるのでお勧めします。


簡単なお仕事が沢山。クラウドワークス

クラウドワークスは、少しでも収入を増やすために40歳で始めました。

冬季は仕事が無くなる業種です。

田舎ですから本当に仕事がないため、収入アップは正に喫緊の課題でした。

今では、5万円ほど稼げています。

最初は「月に5千円でも稼げたらいいかな」くらいの軽い気持ちで始めました。

今では、5万円〜10万円ほど稼げています。

WEBライティングの仕事を中心に受注するつもりでした。

なので他にも、ランサーズや、Shinobiといったサービスを利用しました。

最終的には、クラウドワークス一本に絞ってやっています。

収入がアップした理由は、1本に絞ったこと

浮気しないでクラウドワークスだけで活動したのは、結果的に正解でした。

短期間で実績を積み重ねることができたため、条件の良い案件を取れる機会が増えたのです。

それが、収入アップにつながりました。

仕事はタスクが中心

仕事はタスクが中心です。

クラウドワークスも、他のクラウドソーシングと同じでタスクはひどい低単価ばかりです。

が、高単価案件の数は、一番多いと感じています。

平日であれば、文字単価が0.5円〜1.0円の案件が、10件〜30件ほど出されます。

もしライティングのタスクで稼ぎたいならクラウドワークスはおすすめですよ。

単価が高い案件を取れれば、1日2時間〜4時間の作業で、月に3万円〜5万円は稼げるでしょう。

「タスク」で作業する際に注意すること

クラウドワークスのタスクで、ライティングの仕事をする場合に気を付けて欲しいのは、タスクが非承認になることです。

発注者の判断しだいで仕事が非承認になり、作業全て無駄になります。

非承認の理由が説明されることはありません。

ひどく理不尽に感じることも多く、クラウドワークスが抱える問題のひとつです。

非承認を回避するために心掛けているのは、案件の説明文によく分からないことがあれば見送ることです。

経験上、説明文に理解できない部分があると高確率で非承認になります。

初心者の方が稼ぐためには

初心者の方はとにかく色々な案件を受けてください。

発注者によって合格ラインは違います。

低い単価にもかかわらず承認の条件が厳しい発注者もいれば、高単価で条件が緩い方もいます。

また、相性の問題もあります。

自分の仕事が受け入れられやすい発注者を見つけると、効率良く稼げるようになります。


簡単なお仕事が沢山。クラウドワークス