私は31歳で、3年ほど前にクラウドワークスに登録しました。

登録したきっかけは、健康上の理由で働けなくなったからです。

と言っても、雇用されて働く事が難しくなったので在宅ワークをしようと思った事がきっかけです。

他に検討したクラウドソーシング

他に検討したサービスとして、ランサーズとサグーワークスがあります。

これらは、平行して作業をするようにしています。

クラウドワークス登録前に不安だったこと

登録前に不安だった事は、専門的なスキルを持っていないのに稼げるのか。

そして本当に振り込みされるのか。

事前にしっかりとした会社である事を調べました。

そして、実際の作業内容を確認しました。

稼げる事も分かった上で利用を始めました。

主にやってる作業

現在では、タスク作業をメインにしています。

アンケート案件や記事作成をしています。

プロジェクト形式での作業は納期がありますので、出来るだけ避けています。

月々どれくらい稼げるか?

月々、クラウドワークスでは1万円前後を稼いでいます。

以前では3万円前後でした。

今では報酬単価が下がっており、1万円前後となっていました。

月々の金額を1万円に設定して、タスク作業のみに限定をすると、毎日1時間程度で達成する事ができます。

しかし、記事作成はタイピング速度によって異なります。

作業時間は人によって大きく異なります。

クライアントによって良し悪し

クラウドワークスは、クライアントによって良し悪しがあります。

そのため、酷い目にあった時もあります。

同じクライアントのタスク案件を30件完了させましたが、最低限の承認だけで、残りは全て非承認と言う結果になりました。

作業は説明通りに行ったので、問題はなかったはずです。

そのおかげで作業承認率は大きく下がり、取り掛かれる案件が限定されるようになった事もあります。

運営会社には不満があります。

運営会社には不満があり、報酬単価が非常に下がっている事を何とかして欲しいものです。

150文字5円等の報酬単価で、認定クライアントになれるのは不思議なシステムです。

他にもっと良い報酬で仕事を与えてくれるクライアントもいます。

また、報酬についてアンケートを取っているのに何も影響されていない事が不満です。

クライアントに対しては、質の高い仕事をして欲しいのであれば、その分の報酬を支払うべきだと思います。

これからクラウドワークスを始めようとしている方へ

これからクラウドワークスを始めようとしている方は、クライアントの選び方を重要視する事をおすすめします。

タスク作業であれば案件も多くあります。

が、報酬が異常に安く設定されている事もあります。

時間の無駄になる事もあります。

プロジェクト案件では、タスク作業よりもクライアントと長い付き合いになるので、本当に仕事の選び方が重要です。

スキルが無いと量で稼ぐしかない

専門的なスキルを持っていない方は、ライティングがメインになると思いますので、量で稼ぐ事になります。

タイピングは作業していると早くなりますので、作業時間の確保が重要になります。

作業する上での気を付けること

注意点としては、作業を非承認されてしまうと取り掛かれる作業が限定されてきたり、クライアントの評価が下がります。

慎重に仕事選びをすると同時に、案件の要件のチェックはしっかりとしておく事が大切です。

Post Navigation